カードローンやキャッシングの注意点とは

お金がほしい時に、本人確認と収入証明の書類だけで申し込みができて、しかも担保も保証人もいらないカードローンやキャッシングは、大変便利なものです。申し込みも、窓口に行かなくてもネットからでもできますし、申込方法によっては、その日のうちにお金を手にすることもできます。また自分は正社員じゃないから、審査の厳しい銀行は難しいと思っても、消費者金融なら借りられることもあります。
しかしもちろんカードローン、あるいはキャッシングを利用する場合には、注意しておきたいこともあります。まず消費者金融を利用する場合は、総量規制があります。これは年収の3分の1に相当する金額を、借入限度額と定めるものです。消費者金融での借入すべてに適用されるシステムなので、複数件消費者金融を利用している場合には、借入額が限度額を超えてしまい、新規の申込ができないこともあります。そのような場合には、総量規制の対象外の業者、あるいは銀行をお勧めします。銀行は消費者金融と違って総量規制が無く、従って限度額が無いからです。
そしてやはりよくいわれているように、返済計画をきちんと立ててから借入をするようにしましょう。きちんと利用してきちんと返済していると、融資枠を増やしてくれるため、ついよけいに使ってしまいがちになります。しかし、借りたお金は同時に返すお金でもあります。その辺を考慮に入れたうえで、返済できない額まで使ってしまうことのないように、気をつけたいものです。


このページの先頭へ戻る