銀行のキャッシングの金利は安定して低い

数ある金融機関の中でも、安定して低金利なのが銀行カードローンです。
銀行と消費者金融ローンの利用者の体験談によると、銀行のほうが数%低いとあります。
ネットバンキングは特に低金利の傾向があり、14%よりも低い利率を設定しているところもあるほどです。
初めて借りる方は僅かな金利の違いは軽視してしまうかもしれませんが、カードローンを何年も利用している方は僅かな金利の重みをよく知っています。
長期的にカードローンを利用していると、限度額が増額していくことが少なくありません。
当初は5万円などの少額の借り入れをしても、年数を重ねて信用力が上がれば、金融機関側から増額の話がくることも多いのです。
5年程度で限度額が100万円に達する方は意外と多く、こうなると数%の利率を無視できなくなります。

 

最近は消費者金融から銀行カードローンに乗り換える方が増えていますが、これは利息を減らして返済を楽にするためです。
消費者金融の利率もグレーゾーン廃止によって引き下げられましたが、まだまだ銀行にはかないません。
低金利ローンは複数ローンのおまとめにも適しているので、借入先が2件以上ある場合は一本化を考えるべきでしょう。
借入先が2社になると自動的に多重債務の状態になるため、ここから脱するためにも借入先は1件にしましょう。
借入先が増えるとローン返済の優先順位を考えるのも面倒なので、カードローンの借入先は常に1社にしておくべきです。
2件以上から借りている方は、早期のおまとめを考えましょう。
みずほ銀行


このページの先頭へ戻る