大学生でもお金借りたいのなら

色んなローン商品がある中、カードローンなら大学生でもお金を借りることができます。

 

ただし、融資の対象年齢を18歳以上としているカードローン会社であることが条件です。また、いずれのカードローンも融資条件に安定して継続的な収入を得ている方とあるので、学生でも収入を得ている必要があります。
収入と言ってもアルバイトで構いません。学生向けの商品なら審査基準も緩くなっているので、アルバイトで得た少ない収入でも審査に通過できる可能性は高いでしょう。

 

ちなみに未成年者の契約には親の同意が必要になります。
未成年者は守られる対象なので正規の金融会社が自己責任でお金を貸すことはありません。未成年と分かり、尚且つ保護者の同意を得ないで契約をさせると未成年者契約の取り消し権が適用されます。
未成年者契約の取り消し権は保護者が契約を無効にできる権利で、認められれば取り引き自体なかったことになり、返済の必要もなくなります。本来は未成年者と契約すること自体が法律違反であり、契約させた場合は業者の責任です。そうしたリスクを回避するため必ず保護者の同意を求めます。

 

ただし、保護者の同意を偽ってサインした場合には未成年者契約の取り消し権は適用されません。また、未成年者が成人して5年が経過すると未成年者契約の取り消し権の時効となり、それ以降の権利利用はできなくなります。

 

学生でも20歳以上は自己責任ですが、学生の身である以上は親へ相談して決めることも大切です。


このページの先頭へ戻る